« 乳癌 | トップページ | 台風15号 »

2019年9月 9日 (月)

股関節形成不全

気になる症例がありました。

股関節形成不全の患者さんがいます。このところストレスが酷く

そのためか股関節が痛くて、何かにつかまらないと歩けない。

最近、続けて股関節痛の患者さんを治療したので、消化器系をいじれば良いと軽く思ってました。

来院しても、支えられてベッドへ。

実際、消化器系をいじっても、患者さんは痛みを訴えるばかりで、時間がドンドン過ぎていきます。

いかんいかん、YNSAだ。

腕診で脳幹を触ると、異常な痛がり方をする。

相当な痛がりなので2番鍼で刺すと、

あれっ?という顔になる。

すかさず・ヨッシャー!と脳幹を調べ、有無を言わさず5番鍼に代える。

「先生・何か痛くなーい!」

ウリャー、YだY! 行けー!

「先生、ホラホラ、足上げて行進できるう!」


何なのコレ?


脳幹を押さえてピンときたのはN5番8番辺りでした。

首診でも脾胃に圧痛がありました。

体幹治療で効果が無く、切り替えてYNSAでやっても視点は同じ。

YNSAの方がはるかに効果的でした。

体幹にも、頭にも、同じ反応点。

ならば、頭で効果あれば、お客の心をギュッと鷲摑み出来ます。

それにしても50数年来の痛みがポンと取れるなんて、驚きです。

帰りは頭に鍼刺したまま行進するように歩いてました。

車で迎えが来て、そのまま自宅でくつろぐからいいか。


凄いぞYNSA!


« 乳癌 | トップページ | 台風15号 »