« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月27日 (土)

梅雨時のお婆さんとの会話

昨日あたりようやく夏らしくなりました。

先日までのジメジメとした梅雨空は老人の体を蝕みます。

訪問治療に行くお婆さんは気圧が低いと立ち座りさえ辛いと言います。

「先生、こんなに辛いと死にたい  よ、もう死にたい」

「そう、そんなに言うならどうやって死ぬ?」

「電車に飛び込む!」

「そう、その足では駅のホームにたどり着くまでが大変だよ。膝痛くて無理と思うよ」

「じゃあ、眠り薬で!」

「苦しいらしいよ。凄く嫌な夢を見て胸を掻きむしって、死ね無い事もある」

「首吊り!」

「あぁ、あれね、白目むいて、ウンコもシッコも垂れ流して汚いらしいよ、後始末が大変だよ」

「じゃあ、どうしたら楽に死ねるのよ?!」

「そんな事、こっちが知りたいよ」

「・・・・・」

「先生、手を休めないで、もっと膝揉んでよ!」


天気が悪いと、こんな会話が続きます。

晴れになるとご機嫌です。

お婆さんのためにも、からっとした青空が続いて欲しいな。


2019年7月24日 (水)

三和に来る勇気を讃える

春先から脊椎間狭窄症の方が来ています。

手術を勧められていたが友人に言われて来るようになりました。

毎週改善しないと言いながらも来ています。

6月も後半になって、コルセット外してみたと僕を驚かせ、最近はコルセット無しの時間も長い。

笑顔の時間が増えました。


長い間鬱病に苦しみ、長雨が続くと頭痛で鬱陶しさを訴える女性がいます。

ようやく、短時間のアルバイトが出来るようになりました。

社会との関わりが出来ると本人も嬉しそう。

無理はしないでやろうねと共に喜んだ次第。

二人とも病院から出る薬は減っている。


中華街で警察署の前とはいえ、ビルの入り口はゴミの山で入る人を拒む。

それを乗り越えて来る人の勇気を讃えたい。


2019年7月19日 (金)

久しぶりの青空

久しぶりの青空。

ようやく夏らしくなりました。

いつまでも肌寒いのはもう結構。

蒸し蒸し暑いのも嫌ですが、とりあえず、ビールが上手い。

1563515833126950322678035980755

2019年7月13日 (土)

花火大会

今夜は海の日だったのかしら、花火が上がっていました。

あいにくの曇り空で大輪の花火が曇って残念でした。

横浜にいて幸せです。こうして気楽に花火が楽しめる。

窓から眺められるなんて!

Img_20190713_195731

2019年7月 8日 (月)

久しぶりの山下公園

雨が続いて鬱陶しい毎日でしたが、

ようやく晴れて山下公園まで来ました。

何となく行き交う人々も爽やかな風を楽しんでいる様子です。

15625692063214758626510078266822

2019年7月 1日 (月)

エヘン虫退治の続き

合谷鍼で反応ある方の頭に3本鍼するといつの間にか咳が止まる。

毎回のように繰り返し、だんだんと咳の回数は減ってきました。

当人は不思議らしく

「どうして頭に鍼すると咳が止まる の?」

「頭が悪いからだ」

「頭が悪いのは分かってる!

 どうしてそうなんだ?」

「頭の悪い所に鍼を打ったからだ」

「もーッ!病院の内科で聞いてみる から」

「何て聞くんだ?」

「お医者さんに、どうして頭に鍼をすると咳が止まるんですか?って」


ワハハハハー!


Img_20190701_173113

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »