2017年3月21日 (火)

友人は旅立ちました

            友人は旅立ちました

 

急性骨髄性白血病で病と闘っておられた友人は2月6日にお亡くなりになりました。

昨年7月に発症した当時はもって10日だろうと言われていましたが、8

日めにお見舞いに行って病室にて鍼をしたところ、抗癌剤による副作用

がほとんど無くなり、以後食事も一般食になり、ご飯も大盛りという日々が続きました。

11月に入って3回目の抗癌剤療法が終わった頃から、白血球が増えなくなり、

1214日には医師に「正月を迎えるのは無理だろうから、元気なうちに

身辺整理をしなさい」と宣告され、退院後18日より僕の所で鍼灸の治療を始めました。

9時から夕方5時頃まで治療三昧の日々で、お灸の煙も蔓延して、時

間だからと昼ご飯を食べたりして、患者さんにはご迷惑だった事だと思います。

正月明けの1月半ば頃から体のあちこちに炎症がおき始め、発熱も酷

く、やむなく下旬には緩和処置のため病院へ戻りました。

その後、高熱のため衰弱が始まり、モルヒネの効果も無く痛みに苦しむ

ようになりましたが、お見舞いの度に看護師に隠れて鍼をすると不思議

に笑顔が戻り、世間話ができ、食事も取れました。

25日の日も隠れて鍼をすると、楽になったと、おにぎり・味噌汁・ミカ

ン・キウイフルーツを平らげ、他愛も無い話をして別れました。

翌日も見舞いに来た友人と40分ほども話して、彼が帰った後に急変して亡くなったそうです。

 

中途失明者でしたが、自分を卑下することなく、素直で明るい奴でした。

集中して治療をした期間は一ヵ月半ですが、鍼する事に見えると言って

は、僕の服の柄を言い当てたり、鼠径ヘルニアが手に鍼するだけで治っ

たりと、鍼が良く効く治療家冥利に尽きる患者さんでした。

身寄りが無く、遺骨の引き取り手も無い状態でしたが、身延山のお寺で

永代供養してくれる事になり、戒名まで戴きました。

50歳という人生を幸せだったか解りませんが、亡くなるまでの間に痛み

に苦しんだのは1週間にもなりません。

それだけでも、良い終わり方だったねと労いたい思いでいます。

癌は決して苦しみぬいたまま死ぬ病では無いことご理解いただければと思います。

 

気にしていただいた皆さんにご報告いたしました。

 

2017年1月25日 (水)

パーキンソン病

パーキンソン病が鍼灸をすると結構いいというのはあまり知られてないですね

この病気の人は薬を山のように飲んでいる人が多く、そのため鍼の効きが思うほど良くないことが多いです

最近は薬の弊害が叫ばれていますが、自己管理を徹底することを条件に、副作用を調べて減らしていくのが望ましいのです。

今日の人も本当は、週に2回は来てほしいのですが、無理も言えません。もっと上手に年を取れるのになあと思っています。

2017年1月16日 (月)

朗報かもしれない

あの白血病の友人、全盲です。

 特に左目は完全失明状態。

 ところが今日、治療の後、僅かに光を感じるといってます。

 網膜が剥がれているはずなのに、光を、僅かに光を感じると言ってます。

  これをどう解釈したらいいのだろう。

2017年1月11日 (水)

出血

今日、定期検診を終えて昼から白血病の友人が来ました。
着く早々にベッドが血だらけになって、聞いても自覚が無い。
外踝に擦り傷があり絆創膏してあるが、血が溢れている。
つくづく目が見えないって大変辛い事なんだと思いました。
普通なら大したことの無いキズでもこうして止まらないのだなと自覚しました。
迎えに来た友人と救急外来に行くべきと話しをして行きました。
本人は入院すれば出れなくなると不安らしいが、西洋医学と東洋医学、
上手く使い分けるのが
賢いやり方だよと話した次第。
それにしても、大量に使う艾のにおいに「何だ、この臭いにおいは! 患者が嫌がるじゃねえか」
といい放つある医者には、同じ日本人として、同じ医療人として悲しさを感じます。

笑う門には

笑う門には服来る。違うだろ!福袋来る。
良い諺ですねぇ。
自慢話かよと言われそうな、白血病の友人の話しです。
7月以来白血球が1000位から増えず、3度の抗癌剤療法も効果なく、もう年末には死んじゃうからーって医師に宣告された友人。
12/18よりうちで毎日5時間も治療してたのですが、
盲目で周りに恐縮してばかりの友人が可哀想でいっそ、落語で笑わせてやれーっとにぎわい座に連れて行きました。
笑って、笑って、笑いっぱなしの3時間でした。
可笑しかったねぇと別れて、今日の検診。
先生-!白血球が、白血球が、4000超えてるーって報告がありました。
お前、本当はもう死んでるのに幽霊やな、なんて冗談かましてたのに、どんどん元気になりやがる。
これが本当なら、落語は医療行為ですよ!皆さん。
僕、真打ち目指します。

2013年2月16日 (土)

がん患者さん

このところ、癌の話を多く見聞きします。

三和治療院にも癌患者さんが来院されますが、元気です。

私は、癌を難しい病気だと思ってはいません。

鍼灸で免疫を上げて、現代医学と併用すれば延命できます。

ただ悲しいのは、鍼灸なんかでよくなるはずがないと皆さんが

決めてかかっている事です。

鍼灸治療というのはご縁の治療のようで、縁のない方にはいくら話しても

聞き流すようでご縁がつながりません。

ちなみに私の父は進行性の胃癌で、駆けつけた時には後数時間の命

と宣告されました。

そこから病院で泊り込んで鍼灸治療を始めて、一ヵ月後には

歩けるようになりました。

周りの医療関係者は奇跡だと絶賛しましたが、別にやることやっただけで

特別なことしたわけでもありません。

鍼灸の学校を卒業したばかりで経験も無かったのですが、

人間の免疫力を引き出すのは鍼灸が一番だなあと、当時は思ったものです。

あれから20年経ちますが、相変わらず鍼灸の評価は低いままです。

つい最近は、1週間しゃっくりが止まらず様々な検査をしても

薬を飲んでもダメだったご老人が来院されましたが、たった1回で治ってしまいました。

あっけなくて、こちらが呆然としてしまいました。

苦しさも、喉もと過ぎればでそれ以来全然来る事はありません。

皆様とご縁がつながることを思いながら今日も、ぼんやり窓から

空を眺めています。

2012年8月20日 (月)

オリンピック

オリンピックも終ってしまいましたが、突然そういえばと思い出したことがありました。

横浜戦の女子マラソンで治療したポーランドの選手のカロリナ・ヤジンスカ選手

と同じく女子トライアスロンで治療したスペインの選手マリナ・ダムラインコートの結果が

気になって調べました。

二人とも出ていたんですね。

マラソンのカロリナは2時間30分で107人中35位。

トライアスロンのマリナは2時間2分で52人中24位。

今頃思い出してゴメンネだけど二人とも立派にオリンピックに

出場したんだと思うと晴れ晴れしい気持ちになりました。

治療家としてオリンピックに関われた事大変嬉しく思います。

カロリナは横浜戦でオリンピックが決まったそうでしたけど。

今日はお祝いにビールでも飲もうかな。

2010年4月25日 (日)

爪楊枝健康法

最近ちょっとした思い付きから面白い健康法やっています。

何が面白いかって、頭を爪楊枝でツンツンとつっつくのです。

つつくと痛くて涙目になります。そうすると、いつの間にか花粉症のかゆみを

忘れているのです。あるいは頭痛がいつの間にか気にならなくなります。

もちろん全ての人に効果がある訳ではないのですが、治りましたらお慰み。

試してみたら如何でしょうか。お金はもちろんかかりません。

2009年10月20日 (火)

金木犀

1_2  今年は珍しくこの季節に雨が少なく、

 金木犀の花が長く咲いています。

一日でも長く咲いて欲しい。

何時までも幸せの香りに包まれていたい。

2009年10月10日 (土)

日刊ゲンダイに掲載されました

2009年9月9日に「コリ取り名人見つけた!」という見出しで

三和治療院が掲載されましたsign03

記事には眼窩鍼(がんかしん)という、上まぶたの眼球と骨の隙間に

鍼をうっているところを激写cameraしてもらいましたsign01

下がその時の記事です、ダウンロードしてsearchご覧下さいヽ(´▽`)/

 「newspaper.JPG」をダウンロード

«獅子舞