股関節臼蓋形成不全

股間節痛で歩けなかった私。治療後、普通に歩いて帰る事が出来ました。

子供のころから股間節痛があり病院、整体、カイロなどありとあらゆる治療を受けるもなかなか納得のいく結果が出ず治療院サーフィン状態の私でした。
ある時、友人から痛みを取ってくれる鍼灸院があるよと教わり来院しました。
鍼灸の技術だけでなく、あらゆる痛みに関する治療について日々研修を受講されたり勉強を重ねている鳥越先生は、痛みが治まるまで痛みの原因を探して核心のツボに鍼やお灸を施して治療をしてくださいます。

私の場合、股間節痛の原因は股間節だけではなく胃腸の不調からも出ている事がわかりました。
日頃から胃腸のコンディションに注意する事で慢性的な痛みも減り随分楽になりました。

ある時は、痛みが激しく自力で通院できない状態だったのに、治療後は普通に歩いて帰る事が出来ました。

痛みのある方はぜひ一度行かれてみると良いかと思います。

2020年3月 6日 (金)

太極拳の試合

あれは1月25日土曜日でした。

「明日、太極拳の県大会ですが、膝が痛くて曲げれないし、歩くのがやっとです。何とかして下さい。観るだけは嫌なんです!」と泣きつかれました。

そんな事言っても、これじゃ無理だよ今回は諦めな、となだめても引かない。

・・・・・・

「解ったよ!何とかするから、その代わり痛いけどがまんしろよ」と治療を始めました。

膝関節がガタガタ、九州弁でいうと「膝が腹掻いちょる」

通訳すると、膝が怒っている。

太い鍼を膝の中心へ深く入れて、スジを緩める。

それから腰や背中を緩める。

1時間位で何とか曲げられるようになり、あの独特の腰を深く沈めた動きが出来るようになりました。

これなら、気合いで何とかなりそうと不安ながらも帰って行きました。

心配な1日が終わり、月曜日に手土産持って、お礼と報告にきました。

「先生、ありがとうございます。お蔭様で6位入賞しました!今まで9位が最高でしたけど、超えました」と

嬉しかったなあ。こんな事あるんですね。まぐれも実力のうちってね。

痛がりの彼女がよく我慢したなと感心です。


あれから、またいつものようにパッタリ来ない。

お尻に火が付いたら、慌てて来るんだろうな。

もちっと間詰めてきて欲しいなあ。


2020年3月 2日 (月)

肺癌

肺癌でリンパにも転移があり、医師からはどうしようもないと告げられた高齢者の女性がいます。

お嬢さんから電話があり、「横浜まで行く力がありません。何かしてあげたいのですが、方法はあるでしょうか?」

と問い合わせがありました。

もう、半年ほど前の夏だったような気がします。

2度程養生の話をしたのですが、

今年の1月の20日辺り久しぶりの電話がありました。

「お婆さん元気です。免疫が上がり、体温も上がり、医師も驚いています。ありがとうございます」と、

会った事もありません。名前もハッキリ覚えていません。

「それは良かったですね」と伝えました。


ただ、確信持って言える事は

癌とは、その程度の病気なのです。

日本人は、日常的に予防にお金をかける事を嫌がるが、いざ病気になると、喜んで大金をかけて躰を切り刻んでいる。

おかしな民族だと世界中から笑われている。

あれが欲しい、これが欲しい

あれが食いたい、これが食いたい、

歯が浮くような甘い食べ物を好み、1年中冷たい飲み物で躰を冷やし、除菌、除菌で大事な菌まで殺し、つまりは拝金主義のコマーシャルに踊らされている。

訪問で行っていた磯子のお婆さんが、お尻丸出しの若い女の子達見ると、物差しで引っ叩きたくなる。と嘆いていたが、

もはや、年寄りの智慧は世に通用しない時代になってしまったのだろうか?

楢山節考のように昔、老人は

智慧袋として大事にされてきた。

今は、認知症、徘徊老人として邪魔扱いされている。

老人自体が、若い頃から拝金主義のコマーシャルに踊らされて

躰を腐らせている。


せめて、今こそ我々治療家が養生法を伝える必要があるだろう。


2020年2月15日 (土)

顔面麻痺の改善

顔面神経麻痺が劇的に改善
 数年前から、週一回のペースで治療に通っております。
私の場合は、肩こり、腰痛、浮腫み、偏頭痛などに悩まされて、
あちらこちらの鍼灸院へ行っておりました。
おまけに10年以上も顔面神経麻痺が治らず鏡を見るのも辛い日々でした。
院長先生は針治療だけでなく、
私の体調にあわせて、お灸やアロマ、
機械などを使って治療をしてくれます。
今では顔面神経麻痺が劇的に改善されて、
本当に嬉しいです。

2020年1月 2日 (木)

寅さん!

明けましておめでとうございます。

元旦は「帰ってきた寅さん」を観ました。

懐かしい顔・懐かしい家族

ありふれた日常のドタバタにずっと涙が止まらなかった。

ハンカチじゃなくてタオルの方が良かったかもしれない。


マシンガンの音や爆発音もなく殴り合いや血が飛び散る激しさもない。

ただただ家族が怒ったり、泣いたり、笑ったり。

どこのお家にもある風景だった。

ターミネーターを観た後、夜道をママチャリをこぎながら帰ると、いきなり現実が身にしみて

しみったれてるなー、なんて。

寅さん観た後は、チャリこぎながら、暖かい懐かしい気持ちで幸せになった。


いいなあ寅さん!

特別な事は無いけれど、お正月から心温まる思い。


1年の始まり。

今日から治療のお仕事やります

皆さんに暖かい気持ちを届けます。

今年も宜しくお願いします。。


2019年12月28日 (土)

年の瀬の空

15774063275368262234126113403027年末の青空、この穏やかな天気が続いて欲しい。

こんな時思い出すのは、昔出会ったホームレスの男性。
開業して間もない頃は、ホームレスの人にも治療していた事があります。

寒空の中、寒さを防ぐ屋根すらなく、下痢を繰り返す男性が1500円ばかりを手にして、この状態を何とかしてくれとやって来ました。

聞けば、銀行の支店長までしていたが金で失敗して離婚、以来ホームレスとなってさまよっているという。
まだ若いからチャンスはあるよと話しながらコーヒーを飲んで出ていった。

あの男性はどうしているだろうか?
再起して、また家族と生活していると思いたい。

僕の仕事は皆さんの健康と幸せを祈りながら鍼を打つ行為です。
去年より少しは腕が上がったかな。
難しい患者さんも増えました。

来年は今以上に脳疾患、精神疾患、目の疾患、癌、糖尿病等の治療に取り組み、病を通して人間の内側を観ていきたい。

人が好きでないとこの仕事を追求できない。
性善説が僕の基軸。
来年はもっとお人好しでいたい。

皆さん、今年もお世話になりました。

来年も宜しくお願いします。

2019年12月12日 (木)

象印の魔法瓶

ひと月ぶりに来た患者さん。

忙しかったようです。

治療中、腎臓が変なので聞いたところ

「先生、実は私腎臓も悪くてクレアチニンが4ちかくあり人工透析の準備する事になってました。でも鍼治療受けて2,05まで下がり中止になりました。医師は理解出来ないようです

先生、何をしたんですか?」


「何をと言われてもねえ、

鍼しかしてねえし」


「魔法?」


「ち・違うよ~」

「も少し間詰めて来てね、体調良くなるよ」


「僕は魔法使いじゃ、ありません、魔法瓶です」と言ったら


「象印ね、どうりで象さんみたいに腹が出てるんだ」


「・・・・・」


まあ、いいけどねぇ。

そんな事もあります。

別にぃ、特別じゃありません。


2019年12月 8日 (日)

懇親会

Img_20191208_212914鍼の勉強会2次回。

随分楽しい勉強会の後の懇親会です。

今年も終わり。楽しいです。


2019年12月 3日 (火)

青空

朝、地域の清掃をして、資源回収車か来るまでの間、雲を消して遊んでいました。

気がついたら、周りは雲ひとつ無い青空になっていた。空を見上げながら遊ぶのは楽しい。

Img_20191203_102759

2019年12月 2日 (月)

交通安全

Img_20191202_162758今日から交通安全週間だろうか?毎年の光景です。

もう12月だなあ。